MENU

家族の死後、借金が多いか財産が多いかで対処法が変わる

家族の死後の借金

 

借金というのは家族にも知られていないケースが意外とたくさんあります。

 

そのため、家族の死後、業者などから借金の返済を迫る連絡が届き、
驚くというケースも珍しくありません。

 

このような場合には、いくつかの対処方法があります。

 

 

最も手軽なものは、相続放棄の手続きです。

 

これは、裁判所に所定の申立書を提出することで、
被相続人の財産も債務も受け取らずにすむと言うものです。

 

したがって、財産がたくさんある人の場合には
おすすめできる方法ではありませんが、借金が大幅に試算を上回るときには有効です。

 

 

手続きは、被相続人の死亡か相続が発生したことを
知った日から3ヶ月以内となってますので、
仮に3ヶ月以上死亡から経過していても、
借金の催促を受けた時点から3ヶ月以内に申立てをすれば大丈夫です。

 

 

また、相続財産の範囲内で、按分して借金を返済する限定承認という方法もあります。

 

これならば全額借金を踏み倒すわけではありませんし、
自分に請求が及ぶ心配もありませんので、ある程度遺産があり、
債務がそれを上回るときなどに利用されます。

 

 

これらの手続きをとらない場合には、相続人が返済をしていくしかありません。

 

後は個々の金融機関との話し合いになりますが、一括請求をしていても、
無理のない範囲での分割に応じてくれるところがほとんどですので、一度担当者に相談してみると良いでしょう。

 

手続きの代行は、弁護士や司法書士に依頼することも可能となっています。

 

無職でも借金を返済できる??