任意整理を利用できる人とは

MENU

任意整理なら破産しなくても借金が返せる!

任意整理を受けられる人の条件

 

借金の返済で首が回らなくなってきたと感じる人は、
一度ぜひ法テラスや弁護士などの専門家のところに相談に行ってみましょう。

 

債務整理というとどうしても自己破産のことばかり頭に浮かんでしまって、
「どうしても破産したくない!」という気持ちになる人もいるようですが、
債務整理のメニューは必ずしも破産だけではありません。

 

 

場合によっては、裁判所を介さずに任意整理という
返済タイプの手続きをして、家族にも知られなくて済むことがあるのです。

 

 

弁護士などが債務整理を受託すると
借金をしている会社を聞き取ってからその会社に法律家名義で受任通知を出します。

 

もしその通知が来ると、債権者は一切債務者に対して
電話をかけたり手紙を出したり、
また直接会いに行ったりという取立て行為ができなくなります。

 

 

そして債権者は法律家に取引履歴といって、
今までの債務者との貸し借りの年月日、金額を開示します。

 

送られてきた取引履歴をもとに法律家はその借り入れの利息を適正な利息に直して再計算します。

 

その結果、利息が高すぎて払い過ぎになっていたりする場合もあり、
その際は法律家がそのまま取り戻しの手続きをすることになります。

 

 

計算後もなお債務が残る場合は、分割弁済可能な金額であれば
法律家と債権者が交渉を行って借金の残額を確定し、何回くらいで返済するかという交渉をします。

 

これが任意整理とよばれる手続きです。

 

 

任意整理をするためには前提としてやはり安定した収入があることが必要ですが、
債権者に対してはこれといって収入の証明書や戸籍などを出すことはないので、
こういう点からも周りにばれにくいのです。

 

こうして借金の返済方法が決まるとその時点で
法律家の手を離れて債務者自身が返済していくことになります。

 

特に消費者金融などは利息がかなり高かった時期があるので
10年以上取引をしていた方の場合などは自己破産しなくても済む場合が多いですから悩んでいるより相談に行ってみましょう。

 

今すぐ借金問題を解決したいなら、
まずは借金がどれくらい減らせるかチェック↓↓↓↓

 

 

 

 

関連ページ

債権整理の種類
債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などいくつかの種類があります。それぞれを具体的に開設していきましょう。